どうにかして自力で行く。(カンタバコ編)

このサイトではクライミングが初めての人でも参加できるツアーを準備してあるし、
経験者には岩場行きのドライバー付きレンタカーも手配できるようにしてある。

そうは言っても自力でたどり着きたい人もいるだろう。

少しでも予算を切りつめたいというのが願望だろうが、
中には岩場まで行くところから冒険が始まっていると思う人もいるかもしれない。

そこで、なんとか最少の予算で岩場まで行けるように道順を記載しておく。
今回はカンタバコ編。

セブ島でのステイ先はセブ市内、空港のあるマクタン島(ラプラプ市)、
それにマクタン島とセブ市の中間のマンダウエ市の主に3都市のいずれかになるだろう。
ここから出発とする。


最安方法(バス)

①まずどうにかしてサウス・バス・ターミナル(south bus terminal)までたどり着いてほしい。
タクシーないし、ジプニーないし、バイク、徒歩。
なんでもいいから、ここまで行ってからスタート。
セブには2つのバスターミナル、ノース(北)とサウス(南)がある。
セブ島は南北に細長い、枝豆のような形をしいてセブシティはちょうど真ん中へんになる。
北行きはノースバスターミナル、南行はサウスバスターミナルなので間違えないように。
トレドはセブ市の南だ。

②バスターミナルに着いたらトレド(TOLEDO)行きのバスを探す。
ここ数年は乗り場の位置はほぼ変わっていないが、
入り口から入って奥のほうにあるはず。
行き先が書いたプレートが天井やら柱やらに掲示されているが、
南部行きは次々に出ているので、
所定の場所ではなく空いている駐車スペースにバスを停める運転手も多い。
探すよりも誰かに聞いた方が早いし確実だ。

③バスが見つかったら乗車する前にもう一度、行き先を確かめよう。
バスには運転手とコンダクターと呼ばれる車掌のような
集金係の2人が乗っているので
コンダクターにトレド行きであることを確認すること。

④隣りのネグロス島に渡るような長距離バスだけは乗車前にチケットの購入が必要だが、
トレド行きなら乗車前にチケットのようなものを買う必要はない。
基本的に車内で支払ができる。

支払のタイミングは様々でコンダクターによって異なる。
乗車時に支払のこともあるし、
席が埋まってきたらの場合もある。
走り出してしばらくしてから支払になることもある。

⑤支払時にコンダクターにルトパン(Lutopan)で降ろしてくれ。と伝えること。
ルトパンまでの料金を教えてくれる。
乗合のローカルバスなので、ぼったくられることは心配しなくていいが、
料金は60ペソほどのはず。
ガソリン価格によって上下があるが、ほぼこんなところだろう。

ちなみにバスに時刻表はない。
満車になり次第、出発する。
言い換えれば満車になるまで延々待ち続けることもありえる。

満車になったら出発なので、
隣りの席を一つ空けておくとかは意味が無い。
最終的にはいっぱいになるまで詰められるのだから。

席はフィリピン人サイズなので少々窮屈だ。
しかしキャンプをするほどの大荷物でなければ大丈夫だろう。

なお、ルトパンまでは1-2時間ほどかかるので
車内で飲む飲料水は用意しておいた方がいい。
それとトイレも先に行っておこう。

停留所があるわけでもないし、
初めての場所だろうからルトパンで降りる場所も分からないだろう。
通り過ぎてしまっては困るのでコンダクターに
ルトパンに着いたら教えてくれと伝えておこう。
できればコンダクターに近い前のほうの席に座るのがいいだろう。

⑥出発したバスは乗客を降ろしたり、載せたりを繰り返しながら進むので
けっこう時間がかかる。早朝や休日などは1時間ほどで着くこともあるが、
渋滞する時間帯だと2時間を超えることも多々ある。
ルトパンについたら忘れ物をしないようにバスから降りる。

⑦おそらくバスを降りたところにバイクのタクシーが何台か停車しているはずだ。
見当たらなければコンダクターに聞いてみよう。
バイクタクシーはセブ語でハバル・ハバル(habal-habal)という。
発音しやすい言葉なので言い間違えや聞き間違えはないだろう。
時間帯的にハバル・ハバルが見当たらない時もある。
その時はバスを降りた場所から坂を下ったところがルトパンの中心地のマーケットになる。
ここならハバルハバルも見つけやすい。

⑧ハバルハバルが見つかったらカンタバコ、シランガン・チャペル(silangan chapel)までと伝えよう。
たぶんカンタバコ・チャペルだけで通じるはずだ。
バイクの後ろに乗っておよそ10分で着くはず。
荷物が少ないなら3人乗りくらいまでできるかもしれない。
料金は15ペソほど。

⑨小さなチャペルの所でバイクを降りる。
チャペルの裏側はやはり小さなバスケットコートになっているはずだ。
振り向いて山側を見れば、今から登る岩場が見えるはず。

⑩道沿いに100mほど歩くと山側に入れる徒歩の山道がある。
標識とかは出ていないから道沿いの人に聞いてみるのがいいだろう。
rock climbing this way?
みたいな感じでじゅうぶん伝わる。
この辺の人々は、でかいリュックにロープやら山道具をもって歩く外国人を
見慣れているのですぐに道を教えてくれるはずだ。

⑪山道を進んで小川を渡ったら受付があるので
入山ノートに名前を書いて利用料を払う。
ここから先は迷うことはないだろうが、
分からなかったら受付にいる人に聞いてみればいい。

歩いて5分で階段まで着く。
急峻な階段をさらに5分くらい登るとカンタバコ・クラッグのエリア5に出るはずだ。

なお、帰りは来た道をそのままなぞって帰ればいい。
ルトパンでバス待ちになるが、15分~30分に1本くらいはバスが来るはずだ。
サウス・バスターミナル行きに乗ろう。
間違えてさらに南部へ行くバスに乗らないように。


ちょっと快適に行く方法(V-HIRE)

バスは安いのだが、とにかく狭いしエアコンも効いていないことが多い。
乗客が多いために乗り降りを繰り返すから移動に時間もかかる。
そこでバンによる路線バスタイプのサービスがあるので付記しておく。

困ったことに人によって呼びかたが異なるのだが、
V-HIRE(ヴィー・ハイアー)
GT-express(ジーティー・エクスプレス)
UV-express(ユーヴィー・エクスプレス)
とか呼ばれる。
運営会社や年代によって呼びかたが違うが、
基本的に同じものなので間違っても大丈夫だ。

これはハイエースなどのバンをバス替わりに運用しているサービス。
乗客は15人くらいまでなので、それほど乗り降りが頻繁ではないため
バスに比べて移動時間が短い。
またエアコンが効いているのも大きな利点だ。
バスより料金は多少高いがそれでも100~120ペソほどのはず。

乗り場は各所にあるのだが、トレド行きなら分かりやすいのは
サンカルロス大学メインキャンパスの隣だ。
サンカルロス大はセブにいくつかキャンパスがあるし、
付属高校なんかもあるので間違えないようにメインキャンパスを指定しよう。
校舎の隣にあるのがV-hireステーションだ。
バンがいくつも止まっていて、
車体の側面に行き先らしき文字がいろいろ書いてあるはず。

ここではコンダクターにトレド・カンタバコと伝えてみよう。
上手くすれば、上の⑨のチャペルまで直行できる可能性がある。
乗客数がバスに比べて少ないので出発時にコンダクターが
乗客全員の行き場所を聞いて、途中下車がいない場合は
山中をショートカットする道を通る場合がある。
この場合はカンタバコまで直通なので非常に便利。

ただし、途中のナガ市などで降りる客がいる時は
正規のルートを通るので上記のバスと同じようにルトパンで降りて
ハバルハバルでカンタバコまで移動することになる。

帰りは停留所が無いのでルトパンから乗ることになる。
V-hireかバスか先に来た方に乗ろう。

できるかぎり分かりやすく書いたつもりだが、
実際、それほど移動はハードルは高くないので
なんとかして自分で行ってみるというのも大いにアリだろう。

canta3.jpg
スポンサーサイト



検索

プロフィール

cebuclimbing

Author:cebuclimbing
大野 直樹
トラベル・クライミング・サポーター
セブ島在住20年でセブ島をスミからスミまで歩く。
仕事と家庭ともにメインの言語はセブ語、文化風習にも明るい。
クライミング10年、フィリピンの岩事情を最もよく知る日本人。
また観光業のエキスパートとして旅行とクライミングの両方の側面から
最適なプランを提案できます。
ちなみに3児の父。

Contact: +63-917-814-6988

E-mail

Work
Aquamarine Ocean tours
Cocohilot Massage&Spa
CebuJapan Tourist center