セブ島に語学留学で来てる人にあえてクライミングをすすめる。

フィリピンは近年、安価な語学留学先として人気を集めている。

もともと人の交流があり、
日本からも近く、
英語を話す人口も多く、
それでいて物価が安いとあれば人気が出るのも当然だろう。
学校を経営する側も
英語を話す教師を手ごろな給与で雇うことができるのは大きなメリットだ。

英語留学といっても単なる体験的なものから、
各種の語学検定の受験を意識したもの、
本場で通用するビジネス英語の取得とさまざまな目的があるだろう。

ノンネイティブであるフィリピンの場合はどうだろうか?
はっきり言って会話、意思の疎通ができるようになるという
レベルまでを考えれば良いのではないだろうか。

セブ島のような観光地に語学学校を作ることの是非はさておき、
この地でネイティブ並みの語学力を習得するのは難しいと思うし、
費用を気にしないならもっと良い選択肢はあるだろう。

そこでこの項では偏見かもしれないが、
セブ島に語学留学に来る人たちの目標を

「英語が話せるようになりたい。」

くらいの入門~初級と定義する。
見下したような言い方をしてしまい恐縮だが、
そうしないと文章が前に進まないので。

このサイトはセブ島で岩登りをしようと
誘いかけることを主眼としているが、
本気で1つの言語の習得を目指している人にはそんな暇なんかあるわけない。

私自身がそうだっだから分かるが、
一部の天才を除いて語学の習得に近道はない。

コツや要領のようなものはあるだろうが、
ベースになるのは勉強に費やした時間がすべてだ。
量より質という言葉もあるが、あれはある一定のレベルを超えた人の話。
費やした時間は少々の質を軽く凌駕する。

付け加えるなら量をこなすことを支える
情熱やモチベーションがすべてだ。
どんな人でもモチベーションなく1日数時間の自己投資ができる物ではない。


私の場合は日常生活で英語を話すことはあまりなく、
会議やプレゼン、セミナーに参加した時くらいである。
普段の会社や家族とのコミュニケーションはセブ語を使う。
少なくともセブ島でドメスティックな仕事をするなら十分に間にあっている。

話を戻そう。

セブ島に語学留学するのはいい。
1日8時間しっかり勉強していただくことが肝要だ。
特に学生さん達は親や家族のお金で留学していることがほとんどだろう。
勉強しないで毎晩フラフラと遊びまわり、
何をしに来ているのか分からないような子もたまにいるが、
少なくともお金を出してもらった分は集中して勉強すべきだ。

だだ、先にも述べたように「英語が話せるようになりたい」
くらいのゆるい目標なら学校の授業をしっかり受ければ勉強は足りると思う。
授業が無い時間や夜も自習室で学ぶ勤勉な学生も中にはいるようだが、
街に出て覚えた言葉を使ってみたり、
ヒアリングを試してみたりするほうが有用かと思う。

ほとんどの人がそうだと思うが、
英語が話せるようになりたいと最も強く思う瞬間は
海外旅行に行ったときじゃないだろうか。
言いたいことが伝わらず、言ってることも聞き取れない。
小中高と勉強してきたはずなのに。
ホテルのフロントにタオルが足りませんと言うだけなのに。
旅行中には強くそう思う。
セブ島の語学留学はそんな海外旅行を短~中期でしていると思えばいい。
異文化のなかで刺激を毎日受けることでモチベーションを保ちつつ
学校の授業をしっかり受ける。これで十分だろうと個人的には思う。

言うまでもないことだが、メリハリも大事。
せっかくセブ島にいるのだから勉強をしていない時間は
気分を変えることが大切だろう。

またまた個人的な意見で申し訳ないが、人生の彩りとして
・母国語以外の1つの言語
・1つのスポーツ
・1つの文化
この3つが大切かと考えている。
文化というのは音楽や美術を含めて考えている。

この3つにおいてそれぞれのコミュニティーを独自に持つこと。
それが人生を豊かにする方法だと考える。

ここへきてようやく、
「じゃあクライミングをしましょう。」
となるわけだが、もちろんクライミングじゃなくてもいい。
何だっていいと思う。
興味のあることに取り組むべきだ。
私はクライミングを生涯のスポーツだと思っているが、
もちろんそれは人によって異なるだろう。

残念ながらフィリピンは多くの分野の成熟度において日本に劣る。
ほとんどのスポーツや文化活動においては
日本の方が質の高い活動ができるだろう。

この国のいい点は語学留学と同じ。
つまり費用の安さにもある。
「話せるようになりたい。」くらいのゆるいレベルと同じで
「ちょっとやってみようかな。」くらいの気持ちでも
費用をそれほど気にせず始められる点だ。

日本でクライミングを始める人は
クライミングジムからスタートすることがほとんどだろう。

体験クライミングでも2000円くらい。
その後は初回登録料が必要なところが多いし、
利用料は毎回1000~2000円くらいかかる。

これがセブ島で始めるなら400円から可能だ。
もちろん日本ほど整った施設は期待できないし、
器材なんかも大きく劣る。
それでもちょっとやってみようかな。くらいの期待には応えられる。

クライミング向きな性格としては
個人スポーツが好きな人、何かに打ち込むのが好きな人というのは向いているかな。

他人の都合に合わせなくていいから
友達がいなくても始められるし、自分の好きな時に登りに行ける。

そしてクライミングはとても素敵な遊びだ。

自然を相手にする遊びはみな同じだと思うが、
これはスポーツという範疇では収まらない。
生き方であり、ライフスタイルであり、終わりなき冒険なのだ。

登ること、登り続けることが単純に楽しいが、それだけではない。

クライミングを通じて友人ができる。
クライミングを通じて恋人ができる。家族ができる。
旅行に行くことは観光以上の意味を持ち、そこでもまた新しい出会いがある。
そして訪れることのできる岩場は多く
とても私たちの人生では足りない。つまりほぼ無限だ。

ジムで登るのもまた楽しい。
たった一つの壁で初心者からエキスパートまで同時に楽しめる。
一緒に登っている人はチャンピオンかもしれないし、
小学生かもしれない、おじいちゃんかもしれない。

ちょっと気になったら、ぜひアクションを起こしてほしい。

初心者も高齢者も関係ない。
セブの岩場で一緒に登ろうじゃないか。

登り終わったらビールを飲みながら
今日できたことを共に喜んで乾杯し、
できなかったことを悔しがり次回の話をする。

その時は私も仲間に加えてほしいと思う。

gym1.jpg
スポンサーサイト



検索

プロフィール

cebuclimbing

Author:cebuclimbing
大野 直樹
トラベル・クライミング・サポーター
セブ島在住20年でセブ島をスミからスミまで歩く。
仕事と家庭ともにメインの言語はセブ語、文化風習にも明るい。
クライミング10年、フィリピンの岩事情を最もよく知る日本人。
また観光業のエキスパートとして旅行とクライミングの両方の側面から
最適なプランを提案できます。
ちなみに3児の父。

Contact: +63-917-814-6988

E-mail

Work
Aquamarine Ocean tours
Cocohilot Massage&Spa
CebuJapan Tourist center